美しい蛙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の紫陽花

真夜中の紫陽花


昨日は眠れなくて、姉の大学の課題を手伝った。
作業は進まなく、姉がフォトショの自動選択ツールに対して腹を立てて、荒っぽい言葉を吐いたので、私は混乱した。
折角、私が、慣れないツールを使って作ったレイヤーも呆気なく消される。ずっと空腹だと言っていたのに無視される。
深夜2時、私は一人で外へ出た。
頭を冷やそうと思った。

コンビニに行った。
自転車で、車のまばらな道路をぐるぐる回った。
いつの間にか綻びていた、紫陽花を撮る。

姉から心配するメールが来た。
深夜3時、家に帰った。
少し姉と話した(彼女はアスペに理解が足りない)。
コンビニで買ったパスタを半分食べて、横になるがなかなか寝付けなかった。

薄い雲が空を覆う。頭痛と喉が痛いのが続いてる。

エアは姉と住んでいて、ケンカなんてしない。
ただ、ちょっと時々エアが、?リセット?を掛けるだけ。

エアは今まで何度も?リセット?してきた。
たとえば、退学したり、進んで新しい物事に取り組んだり。
たとえば、誰かを脅したり、誰かを牽制したり。
そうして、だが事態は上手くいった。
だからこれからも?リセット?する。
あまり使いすぎないようにしよう。恐い事だから。
私と私ではない世界に?お灸を据える?事だから。


本当、不眠症。午睡も上手く出来ない。
酒を飲もうかと思うけど、炭酸以外のお酒って売ってない…。
ジンをオレンジジュースで割るのは飲める。
でも一人で一瓶は空けられないから買えない。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。