美しい蛙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カショオ。・゚・(ノД`)・゚・。

 摂食障害は未だ治っていない。食べては吐くの繰り返し。所謂、過食嘔吐。
 最近これが酷い。夏の間食べる量が減って少し痩せたが、この頃は無性に食べたくなる。そこで一日一食にしてみたところ、体重は減るし、なんだか高揚感を得られる。
 起きてから、六時間ほど水以外何も口にしないでいると、目が霞んできて体に力が入らなくなる。これが意外と面白い。空腹感を紛らわすのに脳がアドレナリンを出しているせいだ。そして食事すると血糖値が急激に上がり、同時にドーパミンも出る。血の巡りが急に良くなり、拍動が速くなる。これもまた一種の快楽を味わえる。特に甘いものを摂ると血糖値が跳ね上がるので気持ちいい。
 体に良くないとは感じながら、癖になる。

 起きてから何も口にせず、久々に机に向かってアニメ雑誌を参考にキャラ設をしていた。脇役の名前がなかなか決まらなくて苛々した。昨夜は嘔吐したからお腹は空いていたが、高揚感を得たいが為、我慢していた。すると手に力が入らなくなり、ベッドに倒れ込んだ。
 仕方ないので漫画を読み始めた。「ハチミツとクローバー」を読んで、はぐが修ちゃんに「生きてるって何?息をして、ご飯を食べて、他に何をすればいいの?」と泣きながら訊く場面で目頭が熱くなって泣いた。涙脆くなったのはやっぱり歳を取ったからだろうか。歳を重ねれば重ねるほど柔軟に、素直になれるなら、素晴らしい。

 夕食の時間になって、チロトロピンを分泌しながら階下へ行き、母の手料理を食べる。煮物、サラダ、ご飯の代わりに冷凍してあったチーズパン。ところが余り血糖値が上がるのを感じなかったので、母にデザートを要求したところ、「無いから買って来い」とばっさり言われる。
 面倒くさかったが既に過食モードに入ってコルチコトロピンが分泌され続ける為、ぐずぐず出かける支度をして、夜8時過ぎに家を出た。このときスイーツに備えて夕食は吐いておく。中途半端に血糖値が上がってもつまらないからだ。
 折角外へ出たので本屋へ行くが、目当ての漫画は無かった。つまらなかったので「となりの801ちゃん2」を立ち読み読破してきた。初めて読んだが思わず吹きそうになった。特に「バルス」のところで。ベタは最強だ。チベ君と801ちゃんは理想のオタクカップルだと思う。
 すっかり遅くなったが目的のスイーツを物色するため、ローソンに行った。ついでにジャンプを立ち読みする。コンビニで菓子パンを4個と袋菓子をひとつとお茶を買って、やっと家路に着く。

 時刻は夜9時を回っていたが、折角買ってきたのだ。ろくなTV番組が無かったので「時かけ」を流した。菓子パンを余裕でひとつ食べる。ふたつ目はちょっとキツイ。みっつ目を無理矢理押し込んで、トイレに直行して吐き出した。嘔吐には2,3コツがあるが敢えて書かない。お蔭で、功介と果穂ちゃんのピンチに真琴が泣き叫ぶ名シーンを見逃した。
 挿入歌「変わらないもの」が流れ始めたとき既に感動して泣いた。やっぱり「時かけ」は良い。
 だが流石に一日に二度も三度も嘔吐すると精神的に辛い。

明日からはちゃんと一日二食にする!!!
原稿にも手をつける!!!

 カショオ(過食嘔吐)は止められそうにないけれど、やっぱり体に悪いから不摂生は止めたい。自分は根っからのメンヘラなんだな、と厭になる。極論しか知らないのかorz

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。