美しい蛙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE page.107 幕

2回だけデスノート感想したいと思います。気紛れです。
「つづきを表示」で感想みれます。
※コミックス派の人はネタバレになるので注意!
※ニア(ワイミーズ)派です。月(キラ)好きさんは注意!

DEATH NOTE page.107 幕

センターカラーです。あおりは「極限センターカラー!!」
なにが極限かって、血を流しながらズルズル這う月ですよ。恐っ。
そこへ立ち塞がったのは…リューク!

で、カラーの隣に「超特報」として、西尾維新による完全オリジナル小説
DEATH NOTE『アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』発売発表が…
西尾維新って誰だ?最近の、知らないな…。
とにかく「あなたはLの伝説を見る!!」と、Lの話らしいんで、読みたい。
2006/8/1発売だそうです。

扉絵はリュークが(たぶん)死神界から人間界を見下ろしている所。
あおりは「人間は、面白い」。
なんか月でも全員集合でもないのが、意味深だよ…。

月はリュークに「こいつらの名前を書け」と凄い形相で頼みます。
相沢さん達、ビビる。ニア冷静。銃を抜く相沢、伊出。
ニアは「大丈夫です」と微動だにしない。
リュークは、あくまで傍観者だった。だが、ペンをとるリューク。
「止めろ」と発砲するが、死神には無効。
「ざぁまぁーみろ」と凄い様で高笑いする月。
だが「死ぬのはライト。お前だ」と言われ、リュークにすがる様に跳びつく。
月はリュークの体をすりぬけ、無様に倒れる。
「お前の負けだ。これ以上は無い。退屈しのぎになった」と、?夜神月?と書かれたノートを見せる。
「死にたくない」と足掻く月だが、ノートのルール上、余命は40秒だった。

ここで多分、月の走馬灯みたいなの。
第一話だっけ?
リュークに言われた言葉、「デスノートを使った人間が天国や地獄に行けると思うな」。
月はその頃の高校生の恰好で、「天国も地獄もないって事だろ?」と無邪気に言い返す。

「死にたくないー逝きたくないー」と叫ぶ月。
タイムオーバー。心臓がドクンと鳴る。
「ちくしょう…………」と息絶える。
次のページで月の死顔ドーンと見開き!恐いってば!!
んで、ラスト見開き、真っ黒。
あおりは、右ページに「人間はいつか死ぬ」左ページに「死んだ後にいくところは、無である」。
どうやら、真っ黒なのはその「無」を表してるらしい。
それにしてもジャンプの紙質って悪いな。
次号タイトル、「完」!
ハーイ、DEATH NOTE終了でーす!!!
三部は無いようですね。デスノは一部で終わったと思っている自分としては、二部からはひたすらニア萌えオンリーの漫画だったので、月が死んだことにもデスノ終了も特別悲しくないです。
でもある意味伝説残したしね。L大好きだったしね。

映画は…どーでしょう。
松山ケンイチのL見たけど、見た目はそれっぽかった。
(問題は演技、そしてそれに関しては月役・藤原竜也の方が心配)
でもLは松田龍平くんが良かった!!

さて、次号最終回、
ニアはLを継いだのか(髪は遂にストレートになるのか!?)、
ミサは死ぬのか、粧裕は、松田は…

それだけ気になる私です。まぁ多分後日談でしょう。
最後に誰かがデスノート拾う場面が描かれたら、どうしよう
そこだけはキッパリ終わって欲しい!せめて最後のつぐみ頼み!
あ、あと「大場つぐみ先生の次回作にご期待ください!」とか載ってたら、
大爆笑

長い感想?ここまで読んでくれた人、いたら、感謝。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして!
コミック派なのでちょっと記事は見れませんが、デスノートはいいですよね!
次の巻を楽しみにしています!!

ぐーたらせんせー | URL | 2006年05月10日(Wed)23:51 [EDIT]


コメントありがとうございます!
・・・ってコミックスまで我慢ですか~それは耐えるのキツイですね~v-393
私はコミックス揃えてないのですが、次は何巻で、既刊で何処まで載ってるやら…;
デスノートが漫画としてセンセーショナルだったことは私にも否めません。
あと、小畑先生の画は素晴らしい!

エア | URL | 2006年05月11日(Thu)15:03 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。