美しい蛙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載SS operation-4

4 『回帰』

こんなことでも無かったら、気付かなかったかも知れない。
死に瀕して初めて生きている喜びに驚くなんて、
人間はどこまで愚かに退化しているんだ?
僕はハナビと過ごす日々を当たり前に感じていたし、
それは永遠ではないと考えていた。
―所詮は初恋―だと。
実らず、続かず、気持ちは思い出と風化して薄れてゆく。
―出来れば良い思い出にしたい―
そんな程度に考えていた彼女との関係は、
あの日閃光がすべてを変えて、
永遠のものとなった。

いよいよTV放送も無くなったある日。
お父さんが病室に駆け込んできた。
僕はハナビの艶を失くした髪を梳いていたところだった。
「行くぞ!」
お父さんは嬉しそうに言うと僕の手を引っぱった。
「何処へ?」
「やっと私の研究室も移動を許可された。残務処理に追われていたが、やっとだ。
さあ、もたつくな。荷物をまとめろ。早くするんだ」
「待って。僕は何処にも行かない!」
「行くんだ、アマノ。政府は内密にしていることだがもう隠すことは出来ない。
そのうち日本中大混乱になる。今の内だ。
アメリカの宇宙エレベーターから月へ行く。四週間後、
火星へ移住する。もう火星の施設の準備は出来ているんだ」
「はあ?」
「宇宙旅行の気分だろ?」
「火星へ?馬鹿な…」
僕は嘘みたいな気分で鼻で笑った。
「もう日本は駄目なんだ!外国も被害難民を全て受け入れてくれない!
高官や企業の役員だけは外国へ迎え入れられたが、
お父さんだってやっと手に入れた生き残るチケットだ。
…………宇宙へ行ける倍率は三十倍だ」
「残りの人は?」
「外国の受け入れ先を待つか、日本に留まるかだ」
「だったら、僕も日本にいるよ!」
「日本はもう手入れが行き届かないんだ…水も木々も…
人の手が入らないと、土地は駄目になる」
「それでも、自分でなんとかするよ!」
「火星の暮らしの方がずっと快適なんだぞ?」
「なんで?裕福で身分の高い人しか生き残れないの?ハナビや他の病人はどうなるの?」
「キタムラさんの家の分までは手配できなかった。病人は置いてゆく」
「見捨てるの?」
「生き残るんだ」
僕はお父さんを問い詰めながら、自分の気持ちを感じた。
不快で、信じ難い、冷酷な言葉たちについて。
適当で、未来のある、正当な言葉たちについて。

手が千切れるほどの力でとうとう駅まで引っぱられた。
人がごった返すホームの向こうにお母さんの顔が見えた。
「良かった…家族が揃って…」
近くまで行くと、お母さんは涙ながらに静かに言った。
混雑のなか、人々は不思議と慌てることもなく、ただ不安そうだった。
残念だけどお別れだ。
「僕は残るよ」
勿論、両親は猛反対した。
「でもそんな簡単に捨てられない…」
簡単な答えだ。
「お父さんとお母さんは一緒に生きればいい。僕はハナビと生きる」
僕が臆面もなくそう言い放つと、踵を返し離れてゆく僕を
両親は泣きながら見送った。

僕は病院へ戻った。
ハナビは起き上がって相変わらず宙に目をやっていた。
ベッドの脇の椅子へ座ると、彼女の髪をくしで梳き始めた。
彼女は少し体を震わせると僕だと分かったらしく、
大人しく体の力を抜いた。
「実に簡単だ。僕は億劫なだけだったんだ。
世界の終わりとか、人類の新たなる一歩とか。
此処に残って君の面倒をみる、ってゆうのは大義名分。
生き残って背負う命の重責を僕がやり遂げられるかって?
無理に決まってる。
生き残るべきじゃなかったんだ…………」
ハナビはサイドテーブルからスケッチブックを取って、
何か書き始めた。
『地球は好き?』
驚くほど達筆な字で。
僕は母星を離れられない。
ならば僕は長く生きれなくても、子々孫々がこの地で暮らせるよう、
何か出来るかも知れない。
此処に残った人達と。
僕はハナビの頭をよしよしと撫でた。
また何か書き始める。
『地球中から人が居なくなり始める。
地球を愛してる人だけが残る。
そうすれば再生の道は開かれる』
「ハナビ?」
そっと囁くと、ハナビは小さく微笑んだ。
僕もほくそ笑む。
「何十年、何百年後に、地球を旅立った人間は後悔するんだろうね」

<了>



????????????
すみません、途中で息が切れました…。
本当は地球に残った人類と火星へ移住した人類の確執も
描きたかった(あと一編分くらい)…すみません。
最後ハナビがコーラリアンになって…すみません。
少年は見殺しにする後ろめたさから愛に生きることにしたんですよ。
生き残るよりよっぽど簡単な道を選んで。
でも地球に残った人の方が人類に貢献すると思います。すぐ死んじゃうけど。

スポンサーサイト

連載SS operation-3

3 『感染』

世界は美しく変貌しているのだ。
緑の青が濃く映え、蒼空は深々と蒼くなるばかり。
息をすれば、空気は美味しいし、水道軟水は冷たく爽やか。
世界がどんどん様変わりして、僕はとうとう追いつけない。

ハナビに新しい乳白色のつめが生えてきたのも
素晴らしいことの―その内の何よりも―ひとつだ。
恐らくは僕自身の何事への捉え方が変わったのだと思う。
あの恐ろしいオレンジ色の光を見てから、
すべてが変わってしまったのだから。

被爆者は不思議と死ななかった。
老人も赤ん坊も死人のようだが生命は絶たれていない。
ハナビも相変わらず目も見えず声も聴こえずの状態だったが、
なんとか―重たそうに―腕と足を自在に動かせる。
だから、筆談をやらせてみたが
目が見えないせいか直ぐにペンを落としてしまう。
焦らなくてもいいんだ。

ある日、ベッドから車椅子に自力で降りた。
蛇のように体をくねらせて力の籠らない手でサイドレールを握って
横から落ちるように車椅子へ乗っかった。
「…すごいよ!頑張ったね!」
でも、ハナビは無感情に体の力を抜いただけだった。
顔の筋肉も動く筈なのにぜんぜん笑わない。

「これが連中のやり方だ」
―一体、誰の悪戯だって言うんだ…この惨状を?―
僕は、久しぶりに会ったお父さんに敢えて問わない。
「生かさず殺さず。介抱し介抱され、精神を削り合う。
聞いたか。被爆者がその家族らの手に因って殺される事件が相次いでいる。
正気か?正気じゃないか?どっちだと思う?
目を離した隙に病院の窓から転落自殺した例もある。
被爆者は通常、脳を汚染されていると研究結果が出たが
それも若干、脳波に乱れがあるのみで、意識ははっきりとしている。
だからこそ、被爆者自身も辛い」
「戦争に卑怯もクソもないでしょ」
「いいか、アマノ」
お父さんは窘めるように声をひそめた。
「これは戦争じゃない。日本は米国の同胞と見なされ、
被害を受けた、それだけだ」
僕はハナビを団扇で扇ぎながら、お父さんの方を見なかった。
「でも実際には、自衛隊が外国部隊と殺し合ってる」
「それを戦争とは呼ばないんだ…今は」
「戦術の基本でしょ。消耗戦でしょ」
「それでも被爆者は栄養失調でいつか死ぬ」
「汗が出なくて体温調節が出来ないから、死んでる人も多いんでしょ」
「ああ」
「毎年どんどん暑くなる」
今や夏は連日40℃を越す。
「でも僕は離れないよ」
「何処から?」
「此処」
「ずっとか」
「ずっと」
お父さんは何か難しい表情をして―暫くはお母さんも家に帰らない―
と言って出て行った。
「あんなの、気にしないからね。離れないからね」
僕はハナビの手を握った。
僕の手をぎゅっと握り返した。
最初、あまりの力にぎょっとしたが、直ぐに力は抜けて
またぐったりとシーツの上に倒れた。

人が移動を始めた。
大きなトランクを持った家族連れが不安そうな顔で
地方から東京へ集まりつつある。
ニュースでは伝えないけれど
水面下で対策が講じられたに違いない。
一体、何処へ行くってゆうんだ?

病院の院長も何処かへ行ってしまった。
何処へ行くかも告げずに、まるで夜逃げ同然に消えた、
のだと看護師達が教えてくれた。
「人類がとるべき道は始めから決まっていたんだ。
だけど歴史を決めるのは先駆者だけ。
あとの人はそれに従うしかないんだね。
宇宙は無限ではないのに。
だったら惑星が滅びるまでそこに留まるべきだよね?」
出るはずのない涙がハナビの瞳から零れる。
「ああ…違うの?
そもそも……………………」
その賢明な考えは美徳でしかないのかも知れない。

<続>



????????????
試練を目の前に、達観した少年の夢見る理想とは何なのでしょう。
愛の定義と対象とは。
次で終わる。終わらせたい。終わりたい。

連載SS operation-2

2 『予兆』

僕等は空を翔る光から目を逸らせなかった。
次第に増してゆく地響きにハナビの声に不安の色が濃くなる。
「ねえ、あれなに?」
見たことのないそれに、恐ろしかったが、その場から動けなかった。
「綺麗…」
「うん、綺麗…」
青を切り裂くオレンジ色が端々と輝く。
「ねえ、アマノ…………」
腕にすがりつく彼女が言葉を続けようとした。
だが、爆音にすべて掻き消されてしまった。
爆風に吹き飛ばされ、僕等は地面に投げ出された。
林全体が大きく煽られ、轟々と草木の靡く音が耳を衝いた。
同時に、チリチリと肌を焼くような感覚が全身に走った。
目を開けてはいけないと思った。熱くて息ができない。

やがて地響きが遠のき、また別の爆音を遠くに聞きながら
僕は目をそっと開けた。
目の端にハナビの倒れている姿が見えた。
ピクピクと足がうごめいていた。
「ハ…!ハナビ…!!」
僕の声に反応して、体がビクンと大きくよじれた。
「あ、あ、あ、いやああああああああ…ああ…」
遠くで何かが倒壊する轟音と共に、聞いた事のないような
獣のような叫びが僕の耳をつんざいた。

ハナビはそれっきり、声も、光も、音も失った。

美しかった幼い顔も、皮膚がただれて、包帯で覆われてしまった。
黒真珠のようだった瞳は白く濁って、目蓋が重たそうに被さっている。
体はだらりと力を失い、首も落ち着かない。
腕にも脚にも、赤い斑点のようなものが、ぽつぽつと落ちていた。
ときどき、苦しそうに息が荒くなった。

ミサイルは宇宙エレベーターをなぎ倒し、ついでに、
辺り一面になにか悪いものを撒き散らしたようだ。
病院には次々とハナビと同じような状態の人が担ぎ込まれてきて、
パンク状態だ。
よく見る、パニック映画の阿鼻叫喚の図、そのもの。
まさか自身の身に降りかかろうなんて、そんなこと思ったこともなかった。
―でも、こっちが現実なんだ―
簡易ベッドに横たわるハナビを見て、僕は無頓着に思った。

夕方になると、慌しかった病院が急にしんとなった。
病院関係者らしき人達はひそひそと何かを伝え合い、
患者を囲む家族達がすすり泣く、神妙な空気が院内に広がった。
黒いスーツを着込んだガタイのいい中年の男が近付いてきた。
「探したんだぞ、アマノ。こんなところに…」
お父さんは、ハナビを一瞥すると、声を低くした。
「キタムラさんの娘さんか…」
僕はひとつだけ頷いた。
お父さんは僕とハナビのことを心好く思ってない。
―階級が違いすぎる―と、
ハナビの貧困な家柄や、治安の悪い集合住宅地域を悪いように言っていた。
「さっき首相の臨時会見が開かれたんだ。…見ていないのか?
爆発のとき、ウイルスが飛沫したが、発病因子がある者とない者がいる。
当然、まだ調べてみないとよく分からないが。
距離に関係なく…大多数が影響を受けるウイルスらしいが、
幸い、二次感染はないらしい。…お前が被爆しなかったのは良かった」
「そんなの嫌だ」
―僕とハナビは隣にいたのに―
「僕も一緒にしてよ!おんなじでいいよ!」
「お父さんは悲しむ。お母さんもだ」
お父さんが悲しそうな顔をしたから、僕は間違ったことを言ったんだと分かった。
僕は、咽をつまらせて、そして大声で咽び泣いた。

僕は毎日病院に通った。
学校は閉鎖になり、日々、生活機関が麻痺してゆく。
お父さんもお母さんも仕事場で忙しなく対策に追われている。
街をゆく人は足早に用事だけ済ませて帰宅する。

本土の人口の三分の一が被爆したこと。
どこかの国がどこかの国と戦争していること。
お父さんの悲愴な口調から聞いても、それ等は些事のように思えた。
ハナビの父親と一度会った。
ハナビの母親も発病して何処か別の小さな病院にいるらしい。
「自分はそちらの面倒を見なければならないから、娘をよろしく頼みます」
と言って、それっきり顔を見せない。

「ねえ…」
今日もハナビに話し掛けてみる。
お父さんは何も聴こえない、と言っていたが本当は聴こえているのかも知れない。
だから、彼女が退屈しないように、たくさん話し掛けてみる。
つきっきりの看病の成果か、ハナビは少し手足を動かせるようになった。
首も回るようになって、YES.NO.は表現できるようになった。
「ハナビ、頑張ったね…」
虚ろな目は、ただ宙を仰いでいる。
服を脱がせて、体を拭いてあげる。
「どっかの国が助けを出してくれて、それで、ちゃんと治るから。
全身の皮膚を交換する手術をして綺麗にしてあげる…」
そしてまた服を着せる。
「目が見えるようになったら、先ず何が見たい?」
顔の包帯を取り替える。
紅い染みの広がった、蝋のような顔。
でもちゃんとハナビの面影が残っている。それだけで愛おしい。
ひび割れた口から、かすれた息が漏れる。
「あ、水が欲しいんだね?ここにあるよ…」
被爆者はいつでも咽が渇いているらしい。
瓶から水を流し込んであげると、一口含んで、ゆっくりと飲み込んだ。
一口ずつ、ゆっくりとゆっくりと飲んでゆく。
僕は不謹慎にも、彼女の幼げな仕草が微笑ましくなる。
「美味しい…?」
返事の代わりに、こくんと咽を鳴らした。
お父さんの話では、飲んでも飲んでも、渇きは収まらないらしい。

―かわいそう―
僕はふと手を止めて、一粒涙を零した。
何故だか分からないけど胸がいっぱいになって涙した。
―君の家族が君を見捨てようと、僕は見捨てたりしないよ―
―これはやっぱり愛なのかな?僕はそんなに君のこと好きだったかな?―
またハナビに水をあげる。

ハナビの手が伸びて、見えない目で僕を探して、僕の頬にやっと触れた。
首を横に振る。
何かNO.の合図。
「なにがダメなの?」
ボロボロになった彼女のツメが、剥がれて僕の膝に落ちた。

<続>



????????????
書いて書いて書きまくれ!酷評も質より量で閉口させたる!
「君を包帯でぐるぐる巻きにして、看病してあげたい」
そんな病的な恋に恋する。

連載SS operation-1

1 『閃光』

暑い暑い日だった。
湿気を含んだ熱気が大陸から海を渡ってきて、
太陽が昇りはじめる前から肌は汗ばんだ。
頭がくらくらするような暑い日だった。

僕は昨日の晩からハナビを呼び出して、天体観測をしていた。
とは言っても、地球の大気は淀んでいて、星なんてほとんど見えない。
遠くに見える、月と地球を結ぶ宇宙エレベーターが
ぼんやりと霧のなかで光り佇むのを、見ただろうか。
僕達は、まだ地球にいた。

学校の近くの小高い丘の林で落ち合って、
僕と彼女はとりとめのない話をし始めた。
学校であったこと、家族のこと。
ひとりのこと、宇宙のこと。
「こんなところ、誰かに見られたら…」
自分から呼び出しておいて、苦笑する。
「恥ずかしい?私じゃ、アマノは嫌なんだ」
「そんなことない…」
「じゃあなんで、ねえ?」
意地悪っぽくハナビは笑った。
僕はハナビに遊ばれているような気がする、ときどき。
「月に行ったことある?」
「僕は小学校の修学旅行で…」
「ふうん、私はない」
「何もないよ」
「知ってる」
二年前、僕はこの土地に引っ越してきた。
両親が勤める宙省の新設された研究施設のある、この地方に。
それまでは首都・東京にいた。
「アマノん家、厳しいんでしょ?怒られない?」
「構わない…」
―君と一緒にいる方が、大事だから―
大人だったら、こんな風に彼女を口説くのだろうか。
今の僕には死んでも言えない。
まして、「好き」なんて、言葉にしたら
いま友達として傍にいてくれる彼女を失ってしまいそうで、恐い。
「おじさん、火星にはもう住めるって言ってた?」
「この間も同じ質問してたよ…一世紀は掛かる問題だ、って言ってた」
「一世紀前も人は同じことを言ってたのよ。
いつになったら人は惑星移住できるわけ?」
「そんなに地球を捨てたいの」
「だって、もう資源は残り少ないし、暑いし」
「僕は地球が一番好きだよ…」
まるで自分が宇宙と直結の存在であるかのように、
些細な問題と壮大な物語をまとめて話す。
実際、地球のことなんて個人には関係ないのだ。
地球がどうなろうと、それは人類の問題であって、
一個人の問題ではない。
なのに輝かしい僕等の恋の行方を、果てしない宇宙への旅のように
例えるのは、なんて、稚拙で甘美なのだろう。
矛盾した可笑しさが僕にこみあげる。

「自分から呼び出しておいて、特に話もしなかったわね」
空が白み始めると、ハナビは眠い目をこすった。
「ごめん…」
「寡黙な男の子って、好きよ…男のくせにベラベラ喋る奴よりマシ!」
―ハナビは僕のことどう想っているのだろう?―
―スキ?キライ?―
―彼氏にしたい?恋人にしたい?ただの友達でいい?―
初恋の人を目の前に、僕は躊躇した。
―恋人になって、僕はどうしたいのだろう?―
朝焼けの空が大気を焦がして、ハナビの額に汗が浮かぶ。
ちょっと疲れた眼差しは、はっとするほど美しい。
きらめく長い髪。小さな白い手。華奢な首。
膨らみかけた胸。細い腰。走ると追いつけない長い脚。
立てば姿は麗しくも凛々しい。
宇宙一美しい少女だと思う。

「なんだろう、あれ」
彼女に見とれていると、地平線から炎が上がった。
炎はゆるりと伸びて、目の高さまで登ると一気に加速した。
大地を揺るがす音がし始めた。
一線の光が、四頭の馬を率いたアポロンのように、空を駆け抜けた。
端端(きらきら)と火の粉を飛ばして。
頭を上げて、火を追うと夜明けの白みに、その姿を大きく見た。
やがて青の部分に差し掛かると、巨大な佇まいと重なった。

―ぶつかる!―

瞬間、閃光と共に、轟音と熱い疾風が吹いてきた。

<続>



????????????
設定
主人公(少年):アマノ。16歳。軍人の家系。普段は大人しい。
主人公の想い人:ハナビ。16歳。美しく、凛々しい少女。

SFが書きたくなった!勢いで文字りはじめた!急激減速!
たぶんSFって一人称で書いちゃいけないんじゃないかと思う!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。